プロフィール

くじら雲

Author:くじら雲
わんこ:ココア(♀)
2010(平成22)6/20生まれ
トイプードル(レッドだった)
性格:びびり・こわがり
体重:4.9k(2017.11.10現在)


いくつになったの


最新記事


最新コメント


カテゴリ


カウンタ


カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

BMIチェッカー健康君

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

東北旅行②

2016.7.10



2日目の泊まりは花巻温泉 紅葉館
前日がビジネスホテルだったので
ようやく旅行気分になりましたー♨️♨️

夕食前に近くの口コミの良い温泉へ
「優香苑」
ヌルヌルのお湯で気持ち良かった♨️
紅葉館のお湯はまあまあでした♨️


3日目(7/4)
花巻温泉→平泉 中尊寺金色堂→松島
→ 瑞巌寺→ 雄島、福浦島、五大堂
泊まりは大観荘



中尊寺へ
何なの?こんなに歩くの?
思ったのと違~う(涙)
中尊寺20160704 (1)

雨予報が外れていい天気。なかなか暑いです。
結構歩きますねえ。
中尊寺20160704 (3)

ようやく着きました。
でも、、、難しい事はわかないので
詳しくはこちらで→
中尊寺20160704 (4)

本殿はわりと地味でした。(失礼なやつです!)
中尊寺20160704 (5)

仏様は豪勢!
中尊寺20160704 (6)

そして、いよいよ金色堂です。
ココからは別料金(笑)
このお堂の中に金色堂が・・・
中尊寺20160704 (8)

中は撮影禁止です。
あ、扉があいているのでそこから隠し撮りしました~良く見えませんねえ。
中尊寺20160704 (7)
思ったより小さめでした。

こちらも世界遺産の毛越寺(もうつううじ)
復元図を見るととっても大きかったのが分かります。
毛越寺20160704 (2)

詳しくはこちら→
毛越寺20160704 (1)

御覧のように人が少なかったです。
毛越寺20160704 (3)


毛越寺20160704 (4)

なぜこんな船?私にはわかりませんが2雙浮いてました。
毛越寺20160704 (6)


楽しみにしていた「猊鼻渓舟下り」です。
猊鼻渓鮒下り20160704 (2)

船頭さんの解説付きで25人ぐらいが舟に座ってます。
猊鼻渓鮒下り20160704 (3)

鴨も魚もずっとついて来るんです(餌くださーい)
猊鼻渓鮒下り20160704 (1)


猊鼻渓鮒下り20160704 (7)

すごい景色です。圧倒されます。人間って小さい!(笑)
猊鼻渓鮒下り20160704 (4)

川下りでたどり着いた場所で
川の向こう岸の岩の穴に向かって投げます。土でできたコイン?を
あそこの穴に投げ入れる事が出来たら願いがかなうと・・・
「恋」「愛」「財」「学」「病」とかいろいろあったかな~(覚えてない!)
猊鼻渓鮒下り20160704 (5)
わお―!
パパが見事入れる事ができました!
入れた石は「財」でした。
・・・入れてしまったから「財」に見放されるかも…って~もともとですからっ(笑)


九州の大分にも「耶馬渓(やばけい)」ってあるんですけど、
それと同じ「渓」なんだね~
本当に素敵な景色です。
猊鼻渓鮒下り20160704 (6)


岩手を後にしてお次は宮城 松島へ。
五大堂20160704 (2)


五大堂20160704 (1)

この橋、床がすのこみたい(笑)なんです。
よく見るとちゃんと鋼鉄があるので崩れる事はないけど、
「体重制限ないか?」とか言われるし・・・
五大堂20160704 (3)


松島雄島20160704 (1)

松島ではよく見かけた光景ですが、
石を切りだしてそこに仏様を置いてる・・・
空っぽになってる所も多くありました。
松島雄島20160704 (2)

松島は湾に多くの島が点在しているので
それが防波堤となって津波の被害は5分の1で済みましたが、
雄島は海抜が低いので他の島に比べてかなりの被害があったそうです。
松島雄島20160704 (3)


松島雄島20160704 (4)

とても厳かな気持ちになりました。
松島雄島20160704 (5)

かつて見仏上人が島から一歩も外に出ず12年間この島で修行をし、
それを称え後鳥羽上皇が千本の松を贈ったことから「千松島」と呼ばれるようになったそうです。
それが転じて、この地方一体を「松島」と呼ぶようになったそうで、
その呼び名の発祥の地がこの「雄島」だということです。
雄島は多くのお坊さんたちが修行の場とし、多くの石仏があるそうです。
松島雄島20160704 (6)


松島雄島20160704 (7)

瑞巌寺
伊達家の菩提寺で、壮大な建物や金箔を張った襖、唐戸などへの細やかな彫刻は、
正宗のこだわりが凝結していると言われています。
ここには正宗の正室、愛姫のお墓もあり、
宝物館には等身大の正宗象が収められています。
瑞巌寺20160704 (1)


瑞巌寺20160704 (2)


瑞巌寺20160704 (3)


瑞巌寺20160704 (4)



瑞巌寺20160704 (5)

松島海岸と福浦島とは252mの朱色の橋で結ばれています。
別名、素敵な出会いが訪れる「出会い橋」とも呼ばれています。
福浦橋20160704

ちなみに、松島海岸には福浦橋を含め計3つの橋が架橋されています。
この福浦橋と五大堂の透橋は縁結びの橋と呼ばれている一方、
雄島の渡月橋は縁切り橋と呼ばれています。

私たちは夕方ぎりぎりに入場したので、帰りは発券所の横から出たんですが、
その時間に来た人たちは・・・・フリーパスでした(笑)

(スミマセン、まだ続きます)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top